So-net無料ブログ作成
ホルムアルデヒドとは ブログトップ

ホルムアルデヒドとは [ホルムアルデヒドとは]

国の基準値を超える化学物質「ホルムアルデヒド」が検出!!!



県は19日朝、ダムの放流によって川の水質が改善したため、

一時制限していた取水を再開。


ただし放流を止めれば再び高い値が検出される可能性が高いといい、

原因物質の流出元の特定も急いでいる・・・。














一方、千葉県は19日、基準を超える恐れが出たとして、

新たに松戸市の栗山浄水場の取水を停止したのだ。


同県では上花輪浄水場で取水を停止。北千葉浄水場も一時取水を停止したが、

19日未明に再開。





埼玉県が行田浄水場より約6キロ上流の利根大堰で1時間ごとに行った検査で、

18日午後9時から19日午前0時までのホルムアルデヒドの値は


最大0・03ミリグラムといずれも基準値を下回った。



このため県は取水しても水質に影響がないと判断し、19日午前5時に取水制限を解除。



県によると、国土交通省が18日夜から利根川上流の下久保ダムと薗原ダムで、

それぞれ最大毎秒200立方メートルの放流を実施。




県は放流で利根川の流量が通常よりほぼ倍になったことが、

水質改善の主な要因と分析。




行田浄水場では18日午後10時ごろから取水制限を行っていたが、

供給地域で水が出にくくなったり断水したりする事態は確認されていないとのこと・・・。





この問題では、利根川水系の行田浄水場と庄和浄水場で17~18日、

基準値を超える0・096~0・168ミリグラムのホルムアルデヒドが検出され、

行田浄水場などで取水制限が行われた。





県は有害物質を吸着する粉末活性炭を入れるなどして

基準値未満に調整して供給を続けている。



高濃度の状態が続いた場合、両浄水場で取水制限が行われ、

県内の一部地域で水道水が出にくくなったり断水したりする可能性があるとしている。





ホルムアルデヒドは防腐剤などに使われる化学物質。


基準値を超える水を飲んでも直ちに健康に悪影響はないが、

継続的に吸入すると目や鼻が強く刺激される恐れがあるという。



県は、水道水の塩素と反応してホルムアルデヒドを

生成する何らかの化学物質が利根川水系に流出している可能性もあるとみて、

流出元の特定を急いでいる・・・。














〜〜ホルムアルデヒドとは??〜〜




ホルムアルデヒドは家具や建築資材などから少しずつ室内に放散されます。


このホルムアルドに汚染された室内に人がいると

目や気道に刺激を感じることがあり、

高い濃度では呼吸困難などを起すことがあります。



こうしたホルムアルデヒドの室内濃度については

厚生労働省が平成12年に指針を示し、室内濃度が0.08ppm以下

(20~23度 30分平均値で100μg/m3以下)が健康上望ましいという

目安を設けています。



また国土交通省が平成12年に住宅性能表示制度を発足し、

新たに家を建てた時などに要望すれば

ホルムアルデヒドの室内濃度を確認できることになっています。






〜〜ホルムアルデヒドの特徴〜〜



●刺激臭のある無色の気体です。


●水に溶けやすく、水溶液を「ホルマリン」と呼び、消毒剤や防腐剤に使われている他に、
 
さまざまな樹脂の原料となります。その樹脂は、接着剤、塗料、食器、繊維の加工等に

広く利用されています。


●ホルムアルデヒドは空気や水蒸気を通じて他のものに吸収されやすい性質を持ち、

このことを移染といいます。




さまざまな所で使用されるだけあって、用心が必要になってきます・・・。

こういったものがあるという知識だけでも知っておくのは大切ですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ホルムアルデヒドとは ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。