So-net無料ブログ作成
検索選択
ベルセルク 37 ブログトップ

ベルセルク 37 [ベルセルク 37]

映画・ベルセルク 公式サイト 日食に合わせて“蝕”が起こる!!?



2012年5月21日は、日本の広い地域で日食が起きき、

今回の日食は、月の重なりから太陽がリング状に見える金環日食となる。

日本国内では実に25年ぶりの事。













この一大イベントに合わせて、注目の劇場アニメ

『ベルセルク 黄金時代篇』の公式サイトが、

特別企画を実施中です。

金環日食が起こる5月21日、そして前日の20日と48時間限定で、

特別デザインのトップページとなっている・・・。




このデザインは、「“蝕” バージョン」で、

通常のトップとは異なるものとなっており、

作品の深い世界観も示す。必見のもの!!



個人的には少しビックリしました・・・。




“蝕”とは、太陽や月が欠ける様子を意味するもので、

今回の日食の様な現象を指している。『ベルセルク』の世界では、

特に重要な役割を果たしている。



今回はそんな作品の内容とも連動した企画である。



本編では“蝕”は、人間をゴッド・ハンドと呼ばれる存在に

転生させるる降魔の儀の要素となっているそう。




映画では、「黄金時代篇」のクライマックスとして描かれる。

その衝撃的な内容が、いかに映像化されるかは、

いまから気になるところだ。




”蝕”のシーンは冬公開予定の『ベルセルク 黄金時代篇 降臨』に登場!






太陽観察用しゃ光板

太陽観察用しゃ光板
価格:1,995円(税込、送料別)









映画「ベルセルク」は、全世界累計3300万部を超える


三浦建太郎さんのベストセラーマンガの映像化作品です。



ベルセルク・サーガプロジェクト第一弾として、

ファンの間で人気の高い黄金時代篇を三部作で映画としている。




第1部の覇王の卵は今年2月に公開、好評を博し、


第2部のドルドレイ攻略は、6月23日公開が迫っています!




冬の第3部公開まで、およそ1年にわたり壮大な物語が繰り広げられるそうで、



今回の日食を楽しみながら、『ベルセルク』の物語に思いを馳せてみるのはいかがでしょうか?




先ほども言いましたが、少しビックリしました・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ベルセルク 37 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。